劇的ビフォーアフター!? 完成!ドリームハウス!?「リノベーション」で住まいをイメチェンしよう!

家探しをしていると、必ずと言っていいほど目や耳に飛び込んでくる「リノベーション」という用語。この単語に対して、みなさんどんなイメージをお持ちですか?

リフォームとリノベーションって同じ? 気になってはいるけれど、具体的にはどんなことなのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか?

 実は、「リフォーム」と「リノベーション」は、意味が異なるようなんです。

 

どちらも古くなった家や設備を改修することではあるのですが、

「リフォーム」は、時が経って古くなったものや、汚れてしまったものを新しくして性能や機能を「回復」させることに重きを置いています。

具体的には、キッチンを入れ替えたり、外壁や屋根などを塗り替える、あの作業のことを指します。

 

一方、「リノベーション」は、「回復」を飛び越えて「新たに付加価値を生み出す」という要素が加わります。

そこには、住まい手の方の「想い」や、「こだわり」が強く反映されます。便利ではなくなるかもしれないけれど、自らの思い入れによって手に入れた構造やインテリアで住まいや暮らしに満足感が得られるのが魅力のひとつではないでしょうか。

 

では、リノベーションの一番メリットって何でしょう?それは、自分のライフスタイルに合わせて個性のある家をつくりあげることができることでしょうか?

 

現状の日本の住まいは、かなり制約された中で成り立っていると感じませんか?たとえば、外観や間取りなどは、時代の流行に左右されながらも、ほとんど画一的な枠組みや規格。物件探しをしていても、デジャブに陥ってしまうほどです。

 

それは、業者が建てやすい、売りやすい、売り手の都合で買い手側が合わせているということが言えます。

 

わたしたちは日々食べ物や洋服にこだわるように、住環境にも、もっとこだわってもいいのではないしょうか?

決められた間取りや設備、素材の中でどのように暮らすのかを考えるよりも、自分が本当に好きなものに囲まれて快適に暮らしていくことが、

これからは求められてきています。人生をより豊かにさせていくためにもです。